経験…

この時期、食育の出来ることは限られていますが、少しでも子どもたちと出来ることを考えてカレー作りに挑戦しました。

と言っても、この時期…大人の手が入っていますが…。

グループに分けて、マスクをしてお買い物。

すぐに行って帰れるスーパーへ。

カレーの材料を買ってきて、子どもがお野菜を切りました。

玉ねぎ、人参、じゃがいも!

「じゃがいもはよく洗って皮ごといれよう!」と声をかけると、じゃがいもをゴシゴシ!

「ねぇー、手が冷たいんだけど…」「これでいい?」子どもがきれいに洗ったじゃがいもを包丁でサク、サクと切っていきます。

「おうちでお手伝いしてるの?」

「うん、ママがやってるの見たことあるよ」

ちゃーんと、大人のやっている背中を見ているんですね。初めてとは思えないくらい慎重に、猫の手!!

「あっ、気をつけて!猫の手、猫の手!!」なんて心配しているのは私だけ…。

子どもたちも慣れたものです。

マスクをして静かにやっている姿。

いつか、ちょっとお話しながらできる日がくるといいね。

すべての材料をみんなで切りました。

時間はかかったけれど、愛情たっぷりです。

「おいしくな〜れ!!」の魔法もかけて。

「なんで小さく切るの?」「だって、小さいお友達もいるからちょっと小さい方が良いでしょ?」と言うと、「そっか!じゃあこれ小さく切る!」いやいや、それは小さすぎ!とは言えなかったけれど、楽しそうに切っている子どもたちだったので、それは内緒。

今日のカレーはいつもの2割増しで作ったけれど、ゴロゴロカレーは美味しかったようで、お鍋も空っぽ!!

おいしかったね。

少し出来ることは限られてしまいますが、少しでも何か触れられたらいいなと思います。

きれいに洗って、じゃがいもをサク!!